仮想通貨取引所bitFlyer、台湾地震の義援金をビットコインで募る

仮想通貨取引所bitFlyerは、今月6日深夜に発生した台湾東部地震に対する義援金の募集を開始した。募金はビットコインによって募集する。

募金する場合は、「BITCOIN DONATIONS」を通じて、ビットコインウォレットあるいはbitFlyerのアカウントからを直接送信することで完了する。義援金は募集期間終了後、日本台湾交流協会に全額寄付され、被害に遭った方々の支援に役立てられるとのこと。募集期間は2月9日(金)~3月9日(金)まで。

ちなみに、同募集による寄付は個人からではなくbitFlyerからの募金としてまとめて日本台湾交流協会に寄付する予定。領収書の発行並びに税金控除の対象とはならないことになっている。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。