「iPhone X」顧客満足度は99%、ウェアラブル事業のみでFortune300企業規模に CEOティムクック氏が株主総会で明かす

Appleは現地時間13日、本社施設「Apple Park」内にある「Steve Jobs Theatre」で、株主総会を開催した。同総会はライブストリーミングなどは開催されていないが、CNETのShara Tibken氏やBusiness InsiderのKif Leswing氏などが参加し、発表された内容などを明らかにしている。

今回の株主総会の大半の時間は、株主からの提案による議論に使用されたとのこと。内容は、取締役会の最選任や上層幹部の報酬額の見直し提案など、いつも通りのものであったようだ。

同株主総会のQ&Aセッションで、AppleのCEOティム・クック氏は、いくつかの新しい情報を公開している。

明らかにした情報は以下の通り(抜粋)。

  • 「iPhone X」の顧客満足度は99%
  • Appleのウェアラブル事業(AirPodsやBeats、Apple Watch含む)だけで、Fortune 300企業規模に成長
  • Appleは2017年に19社を買収(10社は判明しているが、その他の9社は不明)
  • 全製品・サービスにおいて、Appleは25億ものサブスクリプションを獲得
  • モバイル決済の普及はクックCEOの予想よりも遅い。ただし、中国やロシアを中心に普及は徐々にスピードアップしている
  • Appleは毎年(株式の)配当を増やすことを約束
  • Appleは「Apple Park」のドーナツ状の本社ビルでツアーを開催したりはしない(一般向けに公開はしない)。理由は、中に多数の秘密が存在するため。

Appleは毎年株主総会を開催しており、次回は2019年の今頃に開催される予定となっている。

▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「MacBook」をAppleの学生・教職員向けストアで購入

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。