Apple純正の動画編集アプリ「Clips」のアップデートが配信 ライブタイトルに新たに4つのスタイルが追加

28日、AppleはiOS向け動画編集アプリ「Clips」の最新アップデート「バージョン2.0.3」の配信を開始している。

同バージョンでは、ライブタイトルに新しいフォントやカラー、レイアウトを含む4つのスタイルが追加されるなどの複数の変更が行われている。リリースノートは以下のとおり。

  • ライブタイトルに新しいフォント、カラー、レイアウトを含む4つのスタイルが追加されます
  • 鮮やかなカラーでテキストの編集が可能な4つの新しいアニメーションラベル
  • 手書きの矢印、走り書き、円、下線などの9つの新しいアニメーションステッカー
  • 教育をテーマにした黒板やノートなど、Appleがデザインした11の新しいポスター。アニメーション・タイトル・カードを作成できます
  • “ファインディング・ドリー”のリーフや“モンスターズ・インク”の絶叫フロアに入り込める、Disney/Pixarの2つの新しいセルフィーシーン(iPhone X)
  • 一部のラベルにドロップシャドウが追加され、明るい背景でも見やすくなります
  • iCloudフォトライブラリに保存されている写真がClipsプロジェクトで正常に表示されないことがある問題が修正されます
  • プロジェクト削除時の安定性が向上します

アップデートはいつも通り、App Storeアプリからどうぞ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。