Google、URL短縮サービス「Google URL Shortener」を2019年3月に提供終了

GoogleのURL短縮サービス「Google URL Shortener」がサービス終了することがわかった。Googleは開発者向けブログで通知している。

「Google URL Shortener」は長いURLを短縮するためのサービス。同サービスを使ってURLを短縮すると、「goo.gl」から始まるショートリンクに変換される。クリック数なども計測できるため、開発者やメディア運営者にとって重宝されてきたサービスだが、おそらく一般ユーザーも一度は見たことがあるのではないだろうか。

Googleの発表によると、同社は段階を踏んで徐々にサービスを畳む方針だ。まず4月13日をもって、これまで同サービスを使ってショートリンクを作成したことのないユーザー(および匿名ユーザー)は、新規で短縮URLを作成することができなくなる。

次いで、これまでに同サービスを使って短縮URLを作成したことのあるユーザーは、2019年3月30日以降に利用不可に。

ただしこれまで作成してきたリンクについては、2019年3月30日以降も正常に動作するとのこと。サービス終了と同時に機能しなくなることはない。もちろん、URLの差し替え等をする必要はない。

Googleは、同サービスの提供終了を発表すると同時に、Firebase Dynamic Linkへの移行を促している。FDLとは、「ディープリンク」を活用して、ウェブページやアプリケーションに直接ユーザーを誘導することができるサービス。もちろん、「Google URL Shortener」の上位互換というわけではないが、十分に役割を果たせるだろう。

ただし、一般ユーザーに関しては、このFDLを利用するのは少々難しいと思われる。そのため、Googleは同じURL短縮サービス「Bitly」や「Ow.ly」を代替利用することを案内している。

▶︎ Apple公式サイトで各種「Mac」製品をチェック
 ・27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac
 ・iMac Pro
▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
▶︎ Apple公式サイトで「Mac Pro / Mac mini」をチェック
 ・Mac Pro
 ・Mac mini
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「Mac」をAppleの学生・教職員向けストアで購入

[ img via Trevor Devine ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。