第3の新Apple Storeは大阪か 大阪梅田周辺でスタッフを募集中

Appleは今年3つの新しいApple Storeをオープンさせる予定だ。ひとつは先日オープンしたばかりの「Apple 新宿」で、もうひとつは京都である可能性が濃厚とされている。

しかし、残る1店舗がどこになるのかは依然として明らかになっていない状況だが、iをありがとうによると、それは大阪の梅田周辺になる可能性があるようだ。

Apple Japanは「マイナビバイト関西版」で、大阪駅周辺エリアで働くことのできるApple Storeのスタッフ募集を開始している。求人情報によると、以下の3つのエリアで人材を募集しており、3つ目の「大阪駅周辺エリア」が新店舗向けのスタッフ募集であると考えられる。ほか2つは、「Apple 京都」と「Apple 心斎橋」である可能性が高い。

1. 京都駅周辺エリア(勤務地アクセスは京都駅)
2. なんば・日本橋・道頓堀周辺エリア(アクセスは日本橋駅など)
3. 大阪駅周辺エリア(アクセスは大阪駅・梅田駅)

ちなみに、Apple公式サイトの「採用情報」にも、勤務地「大阪府/大阪」のカテゴリ内に「大阪」があるようだが、募集職種が空欄になっているため、必ずしも新しいApple Storeの募集とは断言できない。

予告ロゴからは3つ目の店舗は「Apple 札幌」あるいは「Apple 東京」である可能性が指摘されているが…

ただ、iをありがとうが指摘しているように、「Apple 渋谷」を含めると東京で4店舗がある一方で、日本第2の都市である大阪にApple Storeが1店鋪しかない現状を考えると、大阪の地に新しいApple Storeが誕生する可能性は否定できないだろう。

ちなみに、Appleはこれから5年かけて、国内のApple Storeのリニューアル作業と新店舗設置を進めることを発表している。2018年には3店舗が新設されることが予告されているが、来年以降も複数の店舗がオープンする可能性がとても高い。そのうちの1店舗が「Apple 梅田」になるかどうか注目だ。

[ via iをありがとう ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。