Instagram、背景にボケ味を与える「フォーカス」機能実装 単眼カメラのスマホでもiPhone Xのようなポートレート写真が撮影可能に

Instagramは4月11日、「フォーカス」と呼ばれる新機能を追加した。この機能は撮影した写真に対して背景にボケ味を加える、というものだ。

これまでは「iPhone X」のようにデュアルレンズカメラを搭載したスマートフォンなどでしかボケを加えた写真を撮影することができなかったが、Instagramはそれをソフトウェア側で成し遂げ、シングルカメラを搭載するスマートフォンでも可能にした。

同機能はポートレート(人物)写真の撮影で役に立つ。Instagramの顔認識技術によって、人の顔にピントが合い、顔の周りをボカした印象になる。まるで一眼レフカメラで撮影したかのような写真が撮影可能。動画も撮影できる。

この機能は、InstagramStoriesの撮影画面において「BOOMERANG」と「SUPERZOOM」の間に表示される。

同機能は以下の端末で利用でき、Android端末に関しては一部に限定されている。利用するには「バージョン39.0」にアップデートする必要があり。

  • iPhone SE
  • iPhone 6s / 6s Plus
  • iPhone 7 / 7 Plus
  • iPhone 8 / 8 Plus
  • iPhone X

ちなみに「Instagram」は、「フォーカス」機能と同時に友人をタグ付けできる@メンション機能を実装している。Storiesで撮影した写真に対して、友人や家族のアカウントを紐付けすることが可能。ユーザーのアカウント名(@XXXX)がステッカーで表示される仕組みとなっている。ぜひ活用していただきたい。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。