新型iPhone SEは現行モデルから姿形は変わらず ワイヤレス充電機能を得るもイヤホンジャックを失う

今月18日、新型iPhone SEとみられるデバイスがヨーロッパ経済委員会(Eurasion Economic Commission)に承認されたことが明らかになっており、近いうちに登場することが噂されていたが、同モデルのデザインについての情報が出てきている。

新型iPhone SEはイヤホンジャックが廃止され、Apple Payに対応

伝えているのは国内メディアのMacお宝鑑定団Blogで、Global Sources Mobile Electronics 2018に出展する多くのiPhoneケースメーカーに取材したところ、「iPhone SE 2」の本体サイズは現行モデルと変わらない。

一部ではホームボタンが廃止され顔認証機能「Face ID」が搭載されるとの噂もあったが、ホームボタンは健在であるようだ。ただし、他のiPhoneと同様にイヤホンジャックを失う予定でもあるという。

ワイヤレス充電にも対応することが予想されているが、電波を通すためのガラスパネルが背面に用意されるかどうかは、確証を得ることはできていない、とも。

次期モデルは、Apple Payへも対応する予定。店舗での支払いだけでなく、交通機関(Suica)も利用することができるという。

搭載プロセッサは「A10 Fusion」。「iPhone 7」シリーズの仕様と近いモデルになることが予想される。

Macお宝鑑定団Blogによると、発売は今年5月。価格等は判明していないが、さほど大きな変更点がないことから、おそらく現行モデルとほぼ同じ価格になるのではないだろうか。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。