任天堂、君島社長の退任を発表 後任は古川俊太郎氏、取締役常務執行役員から昇格

4月26日、任天堂は君島達己氏が社長を退任することを発表した。後任には古川俊太郎氏(46)が就任する。同氏は、任天堂の取締役常務執行役員から昇格する形となるとのことだ。

これらは、26日に任天堂が公開した「代表取締役等の異動に関するお知らせ」から明らかになった。同資料によると、6月28日付で新体制に移行。君島達己氏は社長退任後、同社の相談役に就くとのことだ。

任天堂の君島達己氏が社長を退任 新社長は古川俊太郎氏に

今回退任を発表した君島達己社長は、前社長の岩田聡氏の死去を受けて、2015年9月16日付けで急遽同社の代表取締役社長に就任。

「ニンテンドースイッチ」などの成功によって、当時低迷していた任天堂の業績を回復させることに成功している。しかし、経営陣にはゲームを購入する年齢層に近い人材の感覚が必要であると考え、若返りを図るために世代交代を模索しており、業績回復のタイミングで交代を行う決断をしたものとみられる。

新社長となる古川俊太郎氏は、同社の経理部門が長かったが、2015年には経営企画室長に就任している。数々のゲームハード等の販売計画に携わっており、昨年大ヒットを記録した「ニンテンドースイッチ」にも貢献したという。

これらの経験を生かし、任天堂を引っ張る存在になれるかどうか、注目が集まる。

[ via 日本経済新聞 ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。