NTTドコモ、新料金プランを5月に発表へ データ使用量に応じて料金が変動

docomo

NTTドコモは、今年5月に新料金プランの提供を開始する予定であることがわかった。NHKニュースが報じた。

ドコモが計画している新料金プランは、使ったデータ通信量に応じて自動的に料金が決まるもの。これまでは月々の料金が予め決められている「定額制プラン」が主だったが、同プランだけではデータ通信を使わない月も一定の料金を支払う必要があり、無駄が多かった。しかし、新プランを導入することで実際に使ったデータ通信量が少ない場合に支払う料金を安く抑えることが可能になる。

データ通信量は1GB、3GB、5GB、20GB(上限)の4段階で設定され、実際の利用量に応じて料金が変動する仕組み。すでにKDDI(au)も「ピタットプラン」という似た料金プランの提供を開始しており、これに対抗する形になるとみられる。

また先日、総務省で開催された「モバイル市場の公正競争促進に関する検討会」でユーザーの利用実態に合った料金プランの提供を求められていたことから、これらに応える形でもあるとみられる。

▶︎ iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。