名作STG「斑鳩」がニンテンドースイッチで登場 価格は1,500円、5月30日に発売

トレジャーの名作シューティング「斑鳩」が、遂にニンテンドースイッチに。

5月2日、Pikiiは公式Twitterアカウントで、同タイトルをニンテンドースイッチに移植することを明らかにした。配信開始は2018年5月30日、価格は1,500円となる。

「斑鳩」はもともとアーケード用のゲームとして登場し、のちにドリームキャストやゲームキューブ、Xbox360など複数のゲームハードでリリースされた作品。Steamでも配信されている。

自機や敵機、放つ弾などそれぞれに白あるいは黒の属性が用意されており、これらの属性をうまく操ることが攻略の鍵となるというユニークなゲームシステムが人気だった。

Pikiiは同作をニンテンドースイッチに移植。冒頭でも触れたとおり、発売日は2018年5月30日、価格は1,500円だ。販売はニンテンドーeショップで行われる予定。

 

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。