iPhone Xの「Face ID」、背面カメラの故障でも動作不良になる模様

「iPhone X」に搭載されている顔認証機能「Face ID」が稀に動作不良になるケースがあるらしい。

原因は、iPhone Xの前面に搭載されているTrueDepthカメラ自体に不調があるケースもあるが、その他にも背面カメラが故障した時にも起こるという。9to5MacMacRumorsといった海外メディアが報じた。

Face IDの不調は背面カメラが故障したから?

同メディアは、Appleや正規サービスプロバイダの中で使用されているサポートドキュメントの中に、「Face ID」の故障に関する情報が書かれていたと伝えている。

ドキュメントの中には、「Face ID」が故障したiPhone Xが持ち込まれた時に、どの手順で故障を診断するかが書かれており、まずはiSightカメラ(背面カメラ)を修理することで「Face ID」の動作が正常に戻るかどうかをテストするとのこと。不調を訴えているTrueDepthカメラではなく、背面カメラを先に疑え、ということだ。

In order to provide the best customer experience, if a customer reports that their iPhone X is having Face ID issues, you may be able to resolve the issue with a rear camera repair. Run AST 2 on the customer’s device to check the camera. If the diagnostics find issue with the camera, perform the repair to see if the issue is resolved. If the issue is not resolved, perform a whole unit replacement instead of a same-unit display repair.

Redditなどでは、実際に同様の対応で「Face ID」の不調を直すことに成功したというユーザーの報告が上がっている。ただし、背面カメラを修理しても直らない場合もあり、それに該当した場合は本体の交換対応になるとのことだ。

いずれも「Face ID」が不調になった場合は、ユーザー側で修理することは不可能なので、早めにApple Storeまたは正規サービスプロバイダで修理してもらおう。ちなみに、「Face ID」が利用できなくなると、iPhoneには「Face IDは利用できません。あとでやり直してください」というメッセージが表示されるとのこと。

▶︎ iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。