iOSアプリの「iPhone X」画面対応が2018年7月から必須化 既存アプリのアップデートも含む

アプリ開発者の方は要注意。いよいよ全てのiOSアプリが「iPhone X」の画面をネイティブサポートする必要が出てきた。

今年2月、Appleは新規提出のiOSアプリは「iPhone X」の画面への対応が必須化されることを発表していた(適用は2018年4月から)が、さらにアプリのアップデートの際も同要件を満たすことが必須になることがデベロッパーサイトでアナウンスされている。

また、これと同時に「iOS 11 SDK」によるアプリ構築もマストに。

これらの変更は2018年7月から。今後は上記の二つの条件を満たすことが求められるため、アプリ開発者は早めの対応を。

▶︎ iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。