Googleアシスタントに6つの「新しい音声」が導入 声の主に米歌手のジョン・レジェンド氏を起用

Googleは5月8日(現地時間)、米カリフォルニアのマウンテンビューで開発者向けイベント「Google I/O 2018」を開催。

イベントでは、GoogleのCEOサンダー・ピチャイ氏は同社の新サービスを多数発表しているが、人工音声アシスタント「Googleアシスタント」についても新機能を追加することを明らかにしている。

新機能のうちの一つとして、Googleアシスタントに6つの新しい「音声」を追加するとのこと。男性や女性、様々な音声が用意されるが、そのうちの一つとして米男性歌手のジョン・レジェンド氏が声の主を務めているとのこと。

これを実現させたのは、Googleの機会学習による音声生成システム「WaveNet」。人間の声をいくつものパターンで録音し、それらを組み合わせたり、調節することで自然なフレーズを自動的に生成する。「Google I/O 2018」のキーノートでは実際に新音声によるデモが披露されたが、とても滑らかな発音で会場からは歓声が上がっていた。

ジョン・レジェンド氏の声を含む新音声は2018年後半にリリースされる予定となっている。これまでのGoogleアシスタントの声に不満がある方は変更してみてはどうだろうか。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。