Googleアシスタント搭載スマートディスプレイが2018年7月に発売

今年1月に発表されていた「Googleアシスタント」搭載スマートディスプレイが、まもなく発売予定であることが明らかにされた。

Googleは5月8日(現地時間)から開発者向けイベント「Google I/O 2018」を開催しているが、同イベント内で人工音声アシスタント「Googleアシスタント」を搭載したスマートディスプレイの投入時期が2018年7月になることをアナウンスしている。

「Google I/O 2018」のキーノートでは、Lenovo製のスマートディスプレイが披露されている。同製品は8インチ/10インチのディスプレイを搭載したモデルが2種類用意され、それぞれ199ドルと249ドルで購入することが可能であるとのこと。また、JBLやLGからもスマートディスプレイが投入される。

これらのスマートディスプレイは、Amazonのスマートディスプレイ「Amazon Echo Show」に対抗した製品だ。

声で操作できるのはもちろん、ビデオ通話も可能。画面には「Echo Show」と同様に様々な情報を表示することが可能だが、Googleのサービスを利用するということもあり「YouTube」や「YouTube TV」なども利用することが可能だ。さらに、料理のレシピを表示させたり、音声による買い物もできるようだ。

同スマートディスプレイは今年7月に米国で発売される予定となっているが、残念ながら日本での発売に関しては未発表となっている。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。