Spigen、iMac G3風のiPhone Xケース「Classic C1」6月中旬に国内発売へ

初代iPhone風のiPhone Xケース「Classic One」と同時に話題になった「iMac G3」風のiPhone Xケースが国内でも6月に発売することがわかった。

Spigen Japanは5月31日、iPhone XをiMac G3風にするケース「Classic C1」を発売することを発表した。公式サイトと卸販売の取り扱いで、具体的な発売日はアナウンスされていないが、時期は6月中旬を予定しているとのことだ。

iMac G3風なiPhoneケースが6月に発売へ

「Classic C1」は、 1998年発売のiMac G3のデザインを模したiPhone X用ケース。 内部が透けて見えるような作りで、 ケース内側にはiMac G3発表時に使われた「hello(again)」の文字も。 細部までこだわったケースとなっている。

ケース素材は適度な柔軟性と高い耐久性をもつTPUとポリカーボネートを採用。 内側四隅に設計されたSpigenの独自技術であるエアクッションテクノロジーにより、 見た目だけでなくデバイスもしっかり保護することができる。

カラーラインナップはボンダイブルー、グラファイト、スノー、ルビー、セージの全5色。価格は4,990円(税込)だ。

ちなみに、同時に発表され話題になった初代iPhone風のiPhone Xケース「Classic One」は現在販売中。Amazonのマケプレアワード2017受賞記念の39%オフセールが継続中なので、興味がある方はこちらも要チェック。

Spigen Classic One
4,390円 → 2,690円 ( 39%オフ )
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。