「macOS High Sierra 10.13.6 Public Beta 1」がパブリックベータテスター向けに公開

6月1日、Appleは「macOS High Sierra 10.13.6 Public Beta 1」の配信を開始している。Apple Beta Software Programに参加しているユーザーはダウンロードすることが可能だ。

先日、開発者向けに公開された「macOS High Sierra 10.13.6 beta」も含めて、同バージョンにおける新機能の追加や変更点の有無は現段階で確認されていないようだ。そのため、おそらくバグフィックスやパフォーマンス改善等が実施されていることが予想される。

macOSについては正式版「macOS High Sierra 10.13.5」が依然として配信開始されていない。リリースが遅れている理由は実装予定の新機能「Messages on iCloud」のテスト・調整が遅れているからであるとのこと。同機能が正常に動作するようになってから正式リリースされる可能性があり、具体的には来週あたりに公開されることが予想される。

「macOS High Sierra 10.13.6 Public Beta 1」へのアップデートは、いつも通りMac App Storeから。ちなみに、来週には開発者向けイベント「WWDC 2018」が開催される予定となっており、次期macOSが発表される見込みとなっている。

▶︎ Apple公式サイトで各種「Mac」製品をチェック
 ・27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac
 ・iMac Pro
▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
▶︎ Apple公式サイトで「Mac Pro / Mac mini」をチェック
 ・Mac Pro
 ・Mac mini
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「Mac」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。