「iOS 12」からiPhoneのソフトウェアアップデートを完全自動化できるように

iPhoneやiPadは自動でソフトウェア更新ができるようになる。

本日発表された次期OSの「iOS 12」では、ソフトウェアアップデートを完全自動化させることができるようだ。現在、開発者向けに配信されている「iOS 12 beta」から明らかになった。

「iOS 12」からソフトウェアアップデートを完全自動化できるように

「iOS 12」のベータ版の「設定」アプリを確認すると、「ソフトウェアアップデート」の項目に新しいメニューが出現しているのを確認することができる。

メニュー項目には「Automatic Updates」と書かれており、その下には「iPhone will automatically install updates.」との記載。これはトグルをオンにすることで、iPhoneのシステムアップデートが配信された時に、自動的に最新OSを入れることが可能になることを意味する。

現行のiOSでも自動的にアップデートを行う機能は実装されていたが、同機能は寝ている間にOSのアップデートを行うものに過ぎず、必ずユーザーは最新アップデートを確認し、それを自動アップデートするか許可する必要があった。

しかし今回追加された機能は、それすらも省くことができるもの。また、自動アップデートを利用するかはユーザー自身で決めることができるので、「勝手に最新OSになっていました」という事態は避けられるはずだ。

この機能はあくまでベータ版での機能で、今秋にリリースされる正式版で利用できるかどうかは現時点では確証はない。

ちなみに、macOSに関してはすでに自動アップデート機能を利用することが可能だ。Macを電源に繋いだ状態でネットに接続しておくと自動的に最新OSのアップデートを行う。この機能は、システム環境設定の「App Store」>「macOSアップデートをインストール」から設定することが可能となっている。

▶︎ Apple公式サイトで各種「iPad」製品をチェック
 ・iPad Pro (11インチ / 12.9インチ)
 ・iPad Air
 ・iPad mini
 ・iPad (10.2インチ)
▶︎ Apple公式サイトで「iPadアクセサリ」をチェック
 ・Apple Pencil (第2世代) / Apple Pencil (第1世代)
 ・ケース&プロテクター / イヤホン / その他
▶︎ 「iPad」をAppleの学生・教職員向けストアで購入

[ via 9to5Mac ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。