「Apple Design Award 2018」受賞アプリ10作品が発表

現地時間6月4日、Appleは年次開発者会議「WWDC 2018」で「Apple Design Award 2018」の受賞者を発表した。

今年受賞したアプリは全部で10個で、ゲームアプリから翻訳アプリ、作曲アプリなど様々なジャンルから選ばれている。ちなみに、それぞれのアプリ開発者は全て違う国の出身であるとのこと。

「Apple Design Award」は理想的なアプリケーションの開発レベルを上げたデベロッパの才能、技能、創造性を表彰する年間賞。今年で21年目を迎える。

今回の受賞作は以下の通り。

Agenda(無料:App内課金あり)
To Do, Lists, & Tasks

アプリの説明
Stay productive. Prioritize and focus. Stop procrastinating. Organize your life. Reduce anxiety. Agenda is a to-do app that focuses on simplicity and efficiency to help you get things done.

 

BANDIMAL(480円)
子ども用作曲アプリ

アプリの説明
お子様に音楽を作る楽しみを!
BANDIMAL は、子どもが音楽を作る楽しさを体験できる、直感的でユーモラスな作曲・音楽再生アプリです。 ドラムループを作って、スワイプ操作で色々な動物を組み合わせ、メロディーを作りましょう。あとはループ再生スピードを変えたり、面白いにエフェクトをかけたりできます。 曲をプレイすると、動物たちが楽しく動き回ります。楽しいミュージックを簡単に作れます!

 

Calzy 3 (240円)
スタイリッシュな計算機アプリ

アプリの説明
「Calzy 3」 は、普段使いに最適な美しい計算機アプリです。 その特長の 1 つは「メモリーエリア」機能。複数の数値をメモリーに保存しておき、ドラッグアンドドロップ操作で再使用できる便利な機能です。 また、ドラッグアンドドロップ (iPhone および iPad)、3D Touch、Face ID など最新の iOS テクノロジーにも対応しています。

 

iTranslate Converse 翻訳(無料:App内課金あり)
音声翻訳。再発明。

アプリの説明
お使いのiPhoneを翻訳デバイスに変えましょう! 革命的な新しい音声翻訳アプリ、iTranslate Converseが新登場。

iPhoneのマイクに直接話すと、より自然な会話を行えるなど、結果が劇的に改善します。 そうすることで、iPhoneが文字どおり史上初の本物の翻訳デバイスに変わります。

 

Florence(360円)
恋と人生の物語

アプリの説明
数々の賞を受賞した『Monument Valley』のリードデザイナーがお送りする『Florence』は、若い女性の初恋をテーマに、出会いのときめきや、胸が痛む落ち込みを伝える、インタラクティブ・ストーリーブックです。

主人公のフローレンス・ヨーは最近少し… 行き詰まりを感じています。彼女の毎日は終わりのない仕事、睡眠、そしてソーシャルメディアに時間を喰われることの繰り返し。しかしある日、クリシュという名前のチェリストに出会い、それは彼女の世界観をガラリと塗り替えることになります。

プレイヤーは、シリーズになっているミニゲーム・エピソードを通して、フローレンスとクリシュの関係を、一鼓動ずつ体験していきます。出会ったあとの誘惑から、訪れる衝突、お互いの成長を刺激し合い、やがてさまよう心…。「実生活の一片」を描写したグラフィック小説やウェブコミックにインスピレーションを得た『Florence』は、親密で、忘れがたい物語です。

 

Playdead’s INSIDE(無料:App内課金あり)

アプリの説明
序盤を無料でお試しプレイしよう。完全版はアプリ内で購入可能です。iPhone 6S, iPad Air 2, Apple TV以降に対応しています。

What the press said:
“MASTERPIECE! Inside is a 2D puzzle platformer that builds upon what made Limbo great, and in fact builds something greater.” 10/10 – IGN

“Inside expands on the concepts and scope of its predecessor in wildly creative ways, and it’s so immaculately designed and constructed from top to bottom that it almost feels suitable for display in an art museum. This is one hell of a follow-up.” 5/5 – Giant Bomb

“Gorgeous art and animations, devious puzzle design and a pitch-black sense of humor. A perfectly paced series of escalating “holy s**t” moments.” Kotaku

Winner of more than 100 awards, including:
Artistic Achievement (BAFTA)
Game Design (BAFTA)
Narrative (BAFTA)
Original Property (BAFTA)
Best Independent Game (Game Critics Awards 2016)
Best Independent Game (The Game Awards 2016)
Best Art Direction (The Game Awards 2016)
Spite Award (D.I.C.E. Awards 2016)
Outstanding Achievement in Art Direction (D.I.C.E. Awards 2016)
Outstanding Achievement in Game Direction (D.I.C.E. Awards 2016)
Best Audio (Game Developers Choice Awards)
Best Visual Art (Game Developers Choice Awards)

 

アルトのオデッセイ 600
果てしない砂漠を探索

アプリの説明
地平線の向こうに佇む、壮大かつ巨大、そして誰も足を踏み入れたことのない砂漠。 
その秘密を発見するため、アルトと仲間達と共に終わりのないサンドボードの旅に出発しましょう。
どこか遠くにある空想の地。そこにある吹きさらしの砂丘を飛び越え、スリル満点の渓谷を移動し、長いあいだ人の目に触れることのなかった神殿の都を探検しましょう。

ツルの上を滑ったり、気球の上でジャンプしたり、そびえ立つ岩の壁の上を走ったり、イタズラ好きなキツネザルから逃げながら、砂漠に眠る数々の謎を解明するのです。 

 

FROST 600
光の生き物たちとともに

アプリの説明
故郷の惑星を目指す魂の一群を導く道を描く。光の中から生まれる数えきれないほどの美しい生き物たち。絶え間なく動き続ける世界の均衡を保ち、その謎を解き明かそう。

 

オドマール 600
横スクロールアクションアドベンチャー

アプリの説明
オドマールは生まれ故郷で辛い日々を送っていた。もはやヴァルハラに彼の居場所はないも同然だった。仲間のバイキングから除け者扱いされているオドマールは、自分の真の力を皆に証明しなくてはならない。そしてある日、オドマールは名誉挽回の機会を与えられる。だがもちろん、そのためには代償が…

コミック仕立てのアニメーションで、壮大なヴァイキングの物語にひたろう。

全24ステージはすべて手描きによる美しい世界。そこに物理ベースのパズル要素と横スクロールアクション要素が組み合わさる!魔法で強化された武器や盾を手に入れ、自らの真の力を発見しよう。

魔法の森を、雪に埋もれた山々を、そして仕掛けだらけの鉱山を抜けた先で待つのは新たな敵かそれとも味方か。批評家から高評価を集め、さらに受賞歴もある「Leo’s Fortune」開発チームによる新作。

 

Triton Sponge (無料)
日本未発売

アプリの説明
Triton Sponge is part of Gauss Surgical’s suite of apps for the operating room. Using an image processing algorithm to calculate the amount of blood lost on sponges, Triton Sponge is the world’s first and only app for real-time estimation of surgical blood loss. 

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。