次期「Xbox」2020年発売へ コードネームはScarlet(スカーレット)

Microsoftは今月10日、プレスカンファレンス「Xbox Briefing E3 2018」を開催し、同イベント内で次期Xboxを開発中であることを明かしていたが、海外メディアThurottによると、この新型ハードは2020年に発売する予定であることが分かった。


10日のMicrosoftのプレスカンファレンスで、同社のXbox統括責任者のフィル・スペンサー氏は「複数の次期Xbox(Xbox Consoles)を開発している」ことを打ち明けた。この話題が、世界中のユーザーをワクワクさせたのは言うまでもない。

新型ハードの登場が分かると、次に気になるのは発売日について。フィル・スペンサー氏は新型ハードについて多くを語ることはなかったが、Thurottによると次期モデルは2020年に発売するとのこと。さらに、Game Informerが噂を複数の情報筋から確認し、同ハードのコードネームが「Scarlet(スカーレット)」であることが確認できたと伝えている。

また、フィル・スペンサー氏の発言では次期ハードは複数台存在する可能性がある。しかし、あくまでこれは開発段階の話で、実際に市場に投入されるモデルは今まで通り一つの端末になる可能性もある。

ただ、同カンファレンスで「次期ハード機は、コンソールゲームの次なるベンチマーク(基準)になる」と話していたことから、世界中のゲーマーは大いに期待してもいいのではないだろうか。

[ via The Verge ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。