新型Apple Watchの存在が「iOS 12 beta 2」で確認 今秋リリース予定か

6月20日、Appleは次期OSの最新ベータ版「iOS 12 beta 2」を開発者向けに配信。同ベータ版には多数の新機能が確認されているが、それとは別に次期Apple Watchのものとみられる情報が含まれていることがわかった。9to5Macが報じた。

iOS 12のベータ版から新型Apple Watchの存在が確認される

「iOS 12 beta 2」には「watch4,1」「watch4,2」「watch4,3」「watch4,4」といった複数の見慣れない機種ナンバーが存在するという。参考までに現行モデルの「Apple Watch Series 3」の機種ナンバーは「watch3,1」「watch3,2」「watch3,3」「watch3,4」となっているため、今回見つかった新IDは次期Apple Watchのものである可能性が高い。

Appleの発表によると、「iOS 12」は今秋にリリースされる予定になっており、同ベータ版で新モデルの存在が確認できたとなると、今秋の新型モデル登場は濃厚と考えて良いだろう。ちなみに、今秋には新型iPhoneの発表も予想されており、昨年と同様に新型iPhoneと新型Apple Watchは同時に発表される可能性が高そうだ。

次期Apple Watchに関する情報は現時点でさほど多くないが、噂によるとベゼルが少し狭くなり、端末サイズは変えずに画面が15%ほど大きくなることが予想されている。また、物理ボタンが廃止されるという情報もあるが、これについては2018年モデルではなく2019年に導入される可能性もあると伝えられている。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。