「iOS 12」のパブリックベータ版が配信開始

Appleは6月26日、「iOS 12」のパブリックベータ版の配信を開始。Apple Beta Software Programに参加しているユーザーは、次期OSのベータ版ダウンロードが可能となった。

「iOS 12」では様々な新機能が利用できるようになった。全体的なパフォーマンスが向上しているほか、AR機能を使って物のサイズを測ることができる「メジャー」アプリやSiriのショートカット機能、通知のグループ化、新しいアニ文字「Memoji」などの新機能が追加。

また、先日開発者向けにリリースされた「iOS 12 beta 2」では、ポッドキャストアプリで再生中のチャプターにアイコンが表示されるようになったほか、ボイスメモアプリのスプラッシュ画面がアップデートされるなど複数の変更が行われている。

「iOS 12 beta」は開発者のみが利用することが可能だが、「iOS 12 Public Beta」はiPhoneやiPadさえ持っていれば誰でも利用することができる。ただし、あくまでベータ版であるためバグや不具合が多数内包されている可能性があり、問題が起きた場合は自己責任になる可能性があるため注意が必要だ。

ちなみに、「iOS 12」がインストールできる端末は以下の通り。「iOS 11」をインストールできる端末であれば、全端末が利用することが可能だ。正式リリースは2018年秋に予定されている。

インストール可能端末
iPhone iPad iPod touch 

iPhone X
iPhone 8 / 8 Plus
iPhone 7 / 7 Plus
iPhone 6s / 6s Plus
iPhone 6 / 6 Plus
iPhone SE
iPhone 5s

12.9インチ iPad Pro(第1世代)
12.9インチ iPad Pro(第2世代)
10.5インチ iPad Pro
9.7インチ iPad Pro
iPad Air / Air 2
iPad(第6世代)
iPad(第5世代)
iPad mini 4 / 3 / 2

iPod touch(第6世代)
▶︎ Apple公式サイトで各種「iPad」製品をチェック
 ・iPad Pro (11インチ / 12.9インチ)
 ・iPad Air
 ・iPad mini
 ・iPad (9.7インチ)
▶︎ Apple公式サイトで「iPadアクセサリ」をチェック
 ・Apple Pencil (第2世代) / Apple Pencil (第1世代)
 ・ケース&プロテクター / イヤホン / その他
▶︎ 「iPad」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。