TP-LinkのトライバンドゲーミングWi-Fiルーター「Archer C5400X」7月5日発売 Amazonで予約受付中

TP-LinkのトライバンドWi-Fiルーター「Archer C5400X」が7月5日に発売することが決定した。同製品はAmazonで予約受付中、価格は3万9800円。


Archer C5400X」は1.8GHzクアッドコアCPUと3つのコプロセッサー、そして1GB RAMが搭載された高速無線ルーター。

本体にはストーンヘンジのようなアンテナが8本内蔵されており、これを立てて使用する。トライバンド接続に対応しており、最大通信速度2167Mbps (5GHz)×2 および1000Mbps (2.4GHz)×1 を利用することが可能だ。合計規格値は5400Mbps、80台以上の端末と接続できる。

一度に多数のデバイスと同時に安定接続できる「MU-MIMO(4×4)」をサポートしており、対応するデバイスであれば常に高速通信が可能だ。また、「ビームフォーミング」機能によってスマートフォンなどのデバイスに対して狙うように電波を飛ばすことで、効率の良い通信が可能。

8つのギガビットLANポートが搭載されており、リンクアグリゲーション機能で高速通信ができるようになっている(ギガビット対応WANポート×1、ギガビット対応LANポート×8、USB 3.0ポート×2)。

そのほか、ブリッジモード(APモード)、IPv4とIPv6パススルー、 IFTTT、Bluetoothに対応。また、Wi-Fi範囲を拡大するレンジブーストや、帯域のバランスをとるエアタイム フェアネス、セキュアかつ高速のVPN接続を実現するVPNアクセラレーション、動的最適化エンジンと包括的なセキュリティHomeCareなど、ネットワーク環境におけるパフォーマンスを最大限に高める機能を搭載しているという。

「Archer C5400X」は7月5日発売予定。価格は3万9800円で、すでに予約受付が開始されている。

ちなみに「Archer C5400X」の購入者には、国内プロeスポーツチームの「DetonatioN Gaming」の選手サイン入りオリジナルコラボTシャツが抽選50名に当たるキャンペーンも実施される。キャンペーン期間は2018年7月5日(木)から2018年8月5日(日)までとなっているので、欲しい方は是非同期間内に購入を。

TP-Link
中国深圳に拠点を置くグローバル企業。主にSOHO及びSMB向けのネットワーク機器を製造、販売。1996年に設立、現在は世界の家庭内無線LAN市場40%超のシェアを獲得している。最近では2015年に「TP-Link Japan」が誕生し、徐々にだが日本市場にもTP-Linkという名が浸透し始めてきている。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。