ソフトバンク、Android版「+メッセージ」の提供を再開

6月28日、ソフトバンクはAndroid版「+メッセージ」の提供を再開した。Google Playストアからダウンロードが可能となっている。

「+メッセージ」アプリは、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの国内大手3キャリア間で利用できるメッセージアプリ。従来のSMS機能を拡張・進化させ、長文メッセージ(最大全角2,730文字)や写真・動画のやり取りが可能になるというものだ。

同サービスは5月9日からAndroid版の提供が開始されていたが、既存の「SoftBankメール」アプリを置き換える形で提供を始めたことで、アプリが切り替わることを知らずに使っていたユーザーが誤ってアプリをアンインストールしてしまい、SoftBankメールの内容が消えてしまう、という問題が起こっていた。これを受けて、SoftBankは同キャリア向けの「+メッセージ」アプリ提供を一時停止していた。

新アプリはアプリアイコンが異なる

本日から提供が再開された「+メッセージ」は「SoftBankメール」アプリを置き換える形ではなく、別々に提供されるという。これによって、SoftBankメールが消える、という事態を防ぐことができる。

今後の「+メッセージ」アプリの機能拡充は、今回配信を開始した新しい「+メッセージ」アプリだけで行うという。

すでに旧アプリを利用している方は、データをバックアップした上で新しい「+メッセージ」アプリをダウンロードする必要があるとのこと。

Android版「+メッセージ(ソフトバンク向け)」のダウンロードはこちらから可能だ。ちなみに、iOS版に関しては6月21日に提供が開始されている。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。