LINEのeチケット事業「LINE TICKET」が2018年秋サービスイン

6月28日、LINE株式会社は事業戦略発表会「LINE CONFERENCE 2018(LC18)」を舞浜アンフィシアター(千葉県浦安市)で開催。同イベント内で「LINE TICKET」を2018年秋にサービスインすることを発表した。

この「LINE TICKET」は、LINEのプラットフォームで利用できる独自のeチケット事業。2017年9月に発表され、2018年内に提供が開始予定であることが発表されていた。

「LINE TICKET」は、チケットの購入から実際の利用まで全てをLINEだけで完結できる電子チケットサービス。紙ベースのチケットを一切利用しないため利便性が高いだけでなく、転売を防止できるなど、現代のチケットサービスとしてとても有効なものになっている。

支払いはLINEが提供している決済サービス「LINE Pay」を使うため、コンビニでの決済など実店舗に赴く必要なく、スマートフォンだけでチケットの購入が可能だ。

パートナーにアミューズやバンダイナムコ ライブクリエイティブなど

LINE TICKETは、まずは「音楽ライブ」のチケットの取り扱いを開始するとのこと。その後、順次映画やスポーツ、観劇などにも拡大するという。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。