MacBook Pro 2018の第3世代バタフライ式キーボードは静音性に優れるが、複数の問題が解決されているかどうかは不明

日本時間7月12日、AppleはIntelの第8世代プロセッサ「Coffee Lake」を搭載した「MacBook Pro 2018」を発売した。

同モデルには第3世代のバタフライ式キーボードが採用されており、従来よりも静かなタイピングが可能になるなどの改良が行われているが、これまで多発してきたキーボードの不具合などに対処したかどうかは現時点では分からないと複数の大手メディアが報告している。

第3世代バタフライ式キーボードは不具合の改善が行われている?

Appleのメディア向けイベントに参加したTechCrunchiMoreなどからの情報によると、第3世代バタフライ式キーボードはキーを打つ際の音がかなり静かになっているとのことだが、ユーザーからの報告が相次いでいたり、集団訴訟にも発展しているキーボードの不具合に関しては改善されたかどうか分からないとしている。

バタフライ式キーボードに関しては、MacBookやMacBook Proの一部のキーボードで文字が勝手に入力されるなどの問題が見つかっており、現在Appleは無償修理プログラムを提供している。

このタイミングで新型モデルが登場、しかも修理プログラムの内容を考慮すると、おそらく音を静かにするだけでなく、不具合になりにくいよう改良が行われているものとみられるが、実際に触ってみない限りは分からないため、気になる方はまずは店頭で第3世代キーボードの打ち心地を試してみてはどうだろうか。

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。