au、東海道・山陽・九州新幹線に「au Wi-Fi SPOT」を導入

7月24日、KDDI(au)は東海道・山陽・九州新幹線で公衆無線LANサービス「au Wi-Fi SPOT」が利用可能になると発表した。これまで、新幹線車内では「au Wi-Fi SPOT」が導入されていなかったが、本日7月25日から一部車両で同サービスを使えるようになる。

当初は一部車両に限定されるが、サービス提供車両は順次増える予定となっており、2020年3月までには全車両で利用できるように整備を進める。

SSIDは「0000Wi2」、利用できるようになった車両には、車内に「Shinkansen Free Wi-Fi」のステッカーが貼られるようだ。

「au Wi-Fi SPOT」は、auユーザーが利用できる無線LANサービス。「LTEダブル定額 for Tab/Tab(i)」を契約するユーザーの場合は月額467円/月(税抜)が必要だが、ほとんどのユーザーは無料で利用することができる。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

[ img via khws4v1 ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。