NTTドコモ、山陽・九州新幹線に「docomo Wi-Fi」を導入へ

7月24日、NTTドコモは提供している公衆無線LANサービス「docomo Wi-Fi」のサービス拡大を発表した。これまで「docomo Wi-Fi」は東海道新幹線車内だけで利用することができたが、今後は山陽・九州新幹線でも利用可能になる。

山陽新幹線の「docomo Wi-Fi」は7月25日から一部車両で運用開始、提供車両は順次拡大予定。九州新幹線については時期は明らかにされていないが、今後提供予定とのことで順次整備を進める。また、2020年3月を目途に東海道新幹線、山陽新幹線、九州新幹線の全列車で「docomo Wi-Fi」を導入する計画。

SSIDは「0000 docmo」、WPA2のセキュリティ規格に対応している。ちなみに、OSのアップデートやアプリケーションのダウンロードには、通信速度の制限があるとのことだ。 

「docomo Wi-Fi」は、docomoユーザーが利用できる無線LANサービス。基本は無料で使用することができるが、無料で使えるのは契約しているスマートフォンに限定されており、タブレットやPCに関しては月額324円を支払う必要がある。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

[ img via khws4v1 ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。