Apple、2018年第3四半期の決算を発表 前年同期比で増収増益

現地時間7月31日、Appleは2018年第3四半期(2018年4月~6月期)の決算を発表した。

同四半期の売上高は533億ドル(6兆7000億円)、純利益は115億ドル(1兆5000億円)。希薄化後の1株あたりの利益は2.34ドルとなったとのこと。

前年同期の売上高は454億ドル(6兆7000億円)、純利益は87億ドル(1兆5000億円)だったため、業績は順調に伸びていると言えるだろう。

各製品毎の販売台数は、iPhoneが約4,130万台、iPadが約1155万台、Macが約372万台となった。前年同期比の増減は表の通り。

さらに、サービス部門が前回決算から引き続き好調を維持しているほか、日本やアジアを含む全ての地域で前年同期比で上回っている。

総売上高 / 純利益(カッコ内は前年同期比)
総売上高 532億650万ドル ( +17% )
純利益 115億1,900万ドル
各製品の売上高 / 販売台数
  売上高 販売台数
iPhone 299億600万ドル ( +20% ) 4,130万台 ( +1% )
iPad 47億4,100ドル ( -5% ) 1,155万3,000台 ( +1% )
Mac 53億3,000万ドル ( -5% ) 372万台 ( -13% )
Service 95億4,800万ドル ( +31% )
その他 37億4,000万ドル ( +37% )
地域別の売上高
地域 売上高
アメリカ 245億4,200万ドル ( +20% )
ヨーロッパ 121億3,800万ドル ( +14% )
中国 95億5,100万ドル ( +19% )
日本 38億6,700万ドル ( +7% )
アジア太平洋地域 31億6,700万ドル ( +16% )

今回の決算を牽引したのは紛れもなく、Appleの主力製品である「iPhone」。一時はフラグシップモデルの「iPhone X」は販売不振が囁かれていたが、実際は例年以上の販売台数となっている。ただし、前年同期比1%増と微増となっているにも関わらず、売上高が20%増加したということは、1台あたりの価格が高い「iPhone X」の販売台数が伸びているためであると予想される。

ちなみに、注目されていたiPadの販売台数は1%増加と微増、売上高は5%減った。Appleは今年3月に第6世代「iPad」を発売したが、同端末がiPad部門の業績にインパクトを与えるには至らなかったようだ。

その他、Apple Musicが含まれるサービス部門やApple Watchが含まれるOtherプロダクトも昨年から比べて30%以上増えるなど、好調を維持している。

Apple公式サイトで各種Mac製品をチェック

▼ ラップトップMac
MacBook Air
MacBook Pro

▼ デスクトップMac
Mac mini
24インチiMac
Mac Studio
Mac Pro

▼ Macアクセサリ
Magic Keyboard
Magic Trackpad
Magic Mouse
その他

▶︎ 学生・教職員向けストア

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。