Spigen、iMac G3風ケース「Classic C1」のiPhone 8/8 Plus用を発売

スマホアクセサリを販売するSpigenは、新型iPhoneケース「Classic C1」のiPhone 8 / 8 Plus用を発売した。

「Classic C1」は、1998年に発売したiMac G3のデザインを模したiPhoneケース。元々はiPhone X用に販売されていたが、このたびiPhone 8/8 Plus用が開発され、販売が開始されている。

内部が透けて見えるような作りで、ケース内側にはiMac G3発表時に使われた「hello(again)」の文字もあしらわれるなど、細部までこだわっている。ケース素材は適度な柔軟性と高い耐久性をもつTPUとポリカーボネートを採用。内側四隅に設計されたSpigenの独自技術であるエアクッションテクノロジーにより、見た目だけでなくデバイスもしっかり保護することができる。

カラーラインナップは、ボンダイ・ブルー、ルビー、セージ、グラファイト、スノー、グレープ、ブルーベリーの全7色。価格は、iPhone 8用が4,590円(税込)、 iPhone 8 Plus用が4,990円(税込)。

購入は以下から可能。公式ストアAmazonストアともに順次カラーバリエーションが追加予定だという。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。