任天堂、ニンテンドースイッチ向け有料オンラインサービスを9月下旬に正式スタートへ

現在、無料体験期間となっているニンテンドースイッチ向けのオンラインサービス「Nintendo Switch Online」だが、今年9月から正式にサービスがスタートすることが発表されている。

任天堂の公式Twitterアカウントの発表によると、「Nintendo Switch Online」は今年9月後半からのサービス開始を予定しているという。詳細な日程については後日、任天堂ホームページや同公式Twitterアカウントでお知らせするとのことだ。

このオンラインサービスの会員になることで、「スプラトゥーン2」や「マリオテニスエース」などのゲームでインターネットを通じたオンライン対戦や協力プレイを楽しむことができる。

また、ファミリーコンピュータのゲームが遊ぶ放題になる「ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online」もプレイ可能だ。「ゼルダの伝説」や「スーパーマリオブラザーズ」といった計20本のタイトルがプレイでき、Joy-Conでのおすそ分けプレイやオンラインプレイにも対応。対応タイトルは定期的に追加される予定となっている。

さらに、セーブデータをインターネット経由で保存し、本体が故障してもセーブデータの消失を防ぐことができる「セーブデータお預かり」機能が利用できるほか、加入者限定の特典も用意される予定だ。

ちなみに、オンラインサービスの正式スタートに伴い、オンラインプレイの無料体験は終了となる。この無料体験が終了しても自動的に有料プランに切り替わることはないので、オンラインサービスを続けて利用したい方は「Nintendo Switch Online」の利用券の購入を忘れないようにしよう。利用券はニンテンドーeショップ、および任天堂ホームページで購入することが可能になる予定だ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。