「iOS 12 beta 7」、パフォーマンス低下の報告を受けOTAアップデートの配信が一時的に停止

14日、Appleは開発者向けに「iOS 12 beta 7」の配信を開始しているが、同バージョンをインストールした一部のユーザーから端末のパフォーマンスが低下するとの報告が上がっていることから、OTAアップデートの配信が一時的に停止していることが判明した。

「iOS 12 beta 7」のOTAアップデートの配信が一次的に停止

9to5Macによると、パフォーマンスの低下を訴えたユーザーはOTAアップデートで「iOS 12 beta 7」をインストールしたユーザーであるとのこと。症状としては、ロック画面が反応しなかったり、各アプリの起動まで数秒を要するなどが確認されているという。

これらの報告を受けて、AppleはOTAでの「iOS 12 beta 7」の配信を一時的にストップ。現時点ではまだ配信が再開されていないようだが、開発者向けサイトのIPSWファイルの配布はまだ継続されている。

一応OTAアップデートをした場合のみパフォーマンスの低下が確認されているため、IPSWファイルによるアップデートは問題がないものとみられているが、問題が解決するまではアップデートを控えた方が無難かもしれない。開発者の方々はご注意を。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。