Apple、今年も「国立公園チャレンジ」開催へ 日時は9月1日、50分のワークアウトで達成可能

Appleは今年も「国立公園チャレンジ」を開催することを発表した。今年は2018年9月1日に開催される予定で、50分のウィーキング、ランニング、車椅子のどれかで50分のワークアウトを行うことでチャレンジを達成することができる。

同チャレンジは米国内にある国立公園を支援するための取り組みの一環として開催され、昨年は5.6kmのランニングやウォーキングなどをクリアすることで達成することができた。クリアすると、iMessageで使える特別なステッカーやアクティビティアプリで見ることのできる特別なバッジが手に入る。

同チャレンジはApple Watchが必要だが、もし持っているなら年に数回の限定チャレンジに、ぜひ参加してみていただきたい。

ちなみに、今回の「国定公園チャレンジ」と同時に、米国の公式ストアやApple Storeでは、「Apple Pay」を利用して買い物をすると1ドルが寄付されるキャンペーンも実施される予定となっている。同キャンペーンは本日から8月31日まで開催される。

▶︎ Apple公式サイトで「Apple Watch」をチェック
 ・Apple Watch Series 7
 ・Apple Watch Series 6
 ・Apple Watch SE
 ・Apple Watch Series 3
 ・Apple Watch Nike
 ・Apple Watch Hermès
▶︎ Apple公式サイトでApple Watchアクセサリをチェック
 ・ストラップ (バンド)
 ・ヘッドフォン・スピーカー

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。