人気RSSリーダー「Reeder」、年内に次期バージョン「Reeder 4」登場へ 突然の無料化の理由が判明

突如無料化されたiOS/MacOS用人気RSSリーダーアプリ「Reeder 3」だが、同アプリが無料化された理由が明らかになった。

開発元の発表によると、Reederは次期バージョンの「Reeder 4」が開発中で、年内にリリースされる予定であるとのこと。このことから、今回の無料化はReeder 3シリーズの認知度を高めたり、ユーザーを増やすために実施しているとみられる。

ちなみに、新アプリはiOSとmacOSでリリースされる予定。また、「Reeder 4」は有料アップグレードという形で提供される予定で、最近多くのアプリが導入している定額制料金(サブスクリプション)は採用しないとしている。

[ via MacGeneration ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。