「MacBook Air (Mid 2012)」がビンテージ製品に ただしパイロットプログラムで在庫次第で今後も修理可能

MacBook Airの2012年モデルが実質的にサポートが終了することが明らかになった。MacRumorsは、Appleが「MacBook Air (Mid 2012)」を「ビンテージ製品とオブソリート製品」のリストに加える予定であると伝えている。

「MacBook Air (Mid 2011)」の修理サポートが近いうちに終了へ

apple-vintage-and-obsolete

基本的にApple製品は、生産終了からおよそ5〜7年以上経過するとサポートが終了する。

サポートが受けられるかどうかはApple公式サイトのサポートページ「ビンテージ製品とオブソリート製品」から確認が可能。「ビンテージ製品」は製造終了から5年以上7年未満、「オブソリート製品」は製造終了から7年以上が経過した製品のことを指すのだが、日本ではどちらも「オブソリート製品」としての扱いとなり、「ビンテージ製品」に登録された時点でハードウェアサポートを受けることができなくなってしまう。

ただし、「MacBook Air (Mid 2012)」に限っては上記リストに追加されてから約2年間(2020年8月31日まで)、修理部品の在庫が残っている場合に修理サービスを継続利用することができるという。これは世界的に実施される試験的な取り組みとなっている。

しかしながら、きっかり2年後でも利用できる保証はなく、また部品が十分に残っていない場合に関しては、Apple Storeや世紀サービスプロバイダは修理を断ることができるとのことだ。

まだ、日本のApple公式サイトの「ビンテージ製品とオブソリート製品」ページには、上記製品の名前はないが、近いうちに追加されることになるだろう。もし、上記端末に不調を感じているようだったら、早めにAppleに連絡を。

▶︎ Apple公式サイトで各種「Mac」製品をチェック
 ・27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac
 ・iMac Pro
▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
▶︎ Apple公式サイトで「Mac Pro / Mac mini」をチェック
 ・Mac Pro
 ・Mac mini
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「Mac」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。