Apple、「iPhone 8 ロジックボード交換プログラム」発表 一部端末に欠陥があるロジックボードが存在

9月1日、Appleは「iPhone 8 ロジックボード交換プログラム」を発表した。対象となるiPhone 8を持っているユーザーは、ロジックボードを無料で交換することができる。

Appleによると、ごく一部のiPhone 8に、製造上の欠陥があるロジックボードが含まれていることが判明したとのこと。このロジックボードが内蔵されているiPhone 8では、突然再起動する、画面がフリーズする、iPhone をオンにできないなどの症状が見られることがあるという。

この問題が確認されているのは、2017年9月から2018年3月までの間に、オーストラリア、中国、香港、インド、日本、マカオ、ニュージーランド、および米国で販売されたiPhone 8。

自身の持つ端末がプログラムの対象となっているかどうかは、こちらのページでデバイスのシリアル番号を入力することで確認することができる。iPhone 8を使っている方はぜひ自分の端末が対象かどうか、チェックしてみていただきたい。

シリアル番号は以下の方法で確認することができる。

  • 製品本体の表面
  • iTunes (製品を iTunes と同期している場合)
  • 「設定」アプリから確認:「一般」>「情報」

製品が手元にない場合や電源が入らない場合

  • 製品が入っていたパッケージをお持ちの場合は、バーコードを調べればシリアル番号がわかる。
  • iTunes の環境設定の「デバイス」タブでシリアル番号を確認できる
  • 製品のご購入時の領収書 (レシート) や請求書の原本でもシリアル番号を調べることができる。

ロジックボードの交換依頼はAppleの直営店、もしくは世紀サービスプロバイダ、Appleサポートから可能。修理開始前に、Appleで実機検査を行い、依頼に出したiPhoneが本プログラムの適用対象かどうかを検証するとのことだ。また、本プログラムは対象となるiPhone 8に対し、その最初の小売販売日から3年間適用されるとしている。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。