UQ、「WiMAX」を2020年3月にサービス終了へ

UQコミュニケーションズは9月3日、「WiMAX」のサービス提供を2020年3月31日をもって終了することを発表した。また、サービス終了に先立ち、2018年9月30日をもってWiMAXサービスの新規受付を終了する。

UQは、周波数の有効利用を目的に2009年2月からWiMAXサービスを提供してきたが、同サービスで提供してきた周波数帯10MHzを「WiMAX 2+」サービスに切り替え、周波数の有効利用により快適な通信サービスを提供するとしている。これによって、WiMAX機器のほか、一部のWiMAX 2+機器に搭載しているWiMAXサービスを利用することができなくなる。

サービス終了となるUQ WiMAXの対応プラン

・「UQ Flat年間パスポート」
・「UQ Flat年間パスポートハート割」
・「UQ Flat」
・「UQ Step」
・「UQ 1Day」

※上記には大学や一部法人向けのWiMAXサービスなどは記載しておりません。
※「UQ 1Day」は、2018年10月1日以降も新規ご契約およびご利用時間の購入手続きが可能です。
※MVNOにてご契約のお客さまはMVNO各社にお問合せください。

これに伴い、2020年3月31日をもってWiMAXサービスに加入しているユーザーは契約解除となる。こうなった場合、契約解除料は発生しないが、契約満了日もしくは更新月以外でサービス終了以前に解約した場合はこれまで通り契約解除料が発生するので注意が必要だ。

引き続きUQのサービスを利用したい場合は、WiMAX 2+機器およびサービスへの変更手続きによって今後も利用することが可能だ。

↑画像クリックで拡大

2018年10月1日からは、無料でWiMAX 2+機器に機種変更ができる「おトクに機種変更」キャンペーンが開始される。同キャンペーンは、「UQ Flatツープラスギガ放題 3年プラン」なら通常月額4,380円のところ3年間月額3,696円で利用できる上に、WiMAX契約解除料や登録料、そして端末代金が0円になるというもの。

また、3年プランや4年プランを契約しているユーザーはLTEオプション(税別1,005円/月)が無料で利用できる。もし、WiMAX 2+への移行を検討しているなら、同キャンペーンをぜひ活用しよう。ちなみに、機種変更で選べる端末はHuaweiの「Speed Wi-Fi NEXT W05」、NECの「Speed Wi-Fi NEXT WX04」、Huaweiの「Speed Wi-Fi HOME L01s」の3機種となっている。

ちなみに、WiMAXサービスが利用できなくなる端末は以下の画像の通り。また、機種変更で選べる端末はHuaweiの「Speed Wi-Fi NEXT W05」、NECの「Speed Wi-Fi NEXT WX04」、Huaweiの「Speed Wi-Fi HOME L01s」の3機種となっている。

↑クリックで拡大

Apple公式サイトで各種Mac製品をチェック

▼ ラップトップMac
MacBook Air
MacBook Pro

▼ デスクトップMac
Mac mini
24インチiMac
Mac Studio
Mac Pro

▼ Macアクセサリ
Magic Keyboard
Magic Trackpad
Magic Mouse
その他

▶︎ 学生・教職員向けストア

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。