ソニー、肩のせウェアラブルスピーカー「SRS-WS1」の注文受付を半年ぶりに再開

ソニーは9月3日、ウェアラブルネックスピーカー「SRS-WS1」の注文受付を再開することを発表した。注文再開は2018年9月6日午前10時から開始される予定だ。

お知らせ:ウェアラブルネックスピーカー「SRS-WS1」のご注文受付再開のお知らせ

2017年10月に発売いたしましたウェアラブルネックスピーカー「SRS-WS1」におきまして、弊社の予想を大幅に上回るご注文をいただき、生産がご要望に追いつかない状況でした。そのため2018年3月20日より一時ご注文の受付を停止しておりましたが、この度、下記日時よりご注文の受付を再開いたします。

「SRS-WS1」はユーザーの肩に乗せて使うことで耳の近くで音を鳴らし、まるで音に包まれるような環境でテレビや映画、ゲームなどのコンテンツを楽しむことができるユニークなウェアラブルスピーカー。2017年10月に販売が開始されたが、テレビ番組「アメトーーク!」などで話題になり、生産が追いつかないほどの品薄で注文受付を一時的に中止していた。

「SRS-WS1」は、2018年9月6日午前10時から各店舗、ウェブにて注文受付を開始する。定価は24,880円(税別)だ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。