6.1インチiPhoneの名称「iPhone Xr」説が濃厚? 出荷数が限られ品薄になる可能性も

Appleが用意している3つの新型iPhoneのうち、低価格版と言われている6.1インチ液晶モデルの名称は「iPhone Xr」になるのだろうか。海外メディアBloobergは、Appleが同モデルの名前を「iPhone Xr」と呼んでいると報じており、しかも当初の出荷数が限られていると伝えている。

次期iPhoneの名称はiPhone XS / XS Max / Xr?

この「iPhone Xr」という名称を初めて伝えたのは、海外メディアのVentureBeat。同メディアは一部で「iPhone Xr」という名称になるという噂が出回っていると伝えていた。

「Xr」という名称が何を示すものなのかはわかっていないが、予想として最も妥当なのは上位モデルの名称「Xs」に付けられた「s」の下のグレードであるということ。アルファベット順で「r」は「s」の前であることから、そう命名したのかもしれない。

今までの噂から、6.1インチ液晶iPhoneには多数の名前候補がある。上位モデルの名称も含めて表にすると以下の通り。

モデル 名前の候補
5.8インチOLEDモデル iPhone XS / iPhone Xs
6.5インチOLEDモデル iPhone XS Plus / iPhone Xs Plus
iPhone XS Max / iPhone Xs Max 
6.1インチ液晶モデルモデル iPhone X C / iPhone Xc
iPhone Xr / iPhone 9 / iPhone XI

これまで出てきた情報をまとめてみた。情報が錯綜している。

現状、これらの名称のうちどれかになる可能性が高いものの、先日国内メディアのMacお宝鑑定団Blog(羅針盤)から「iPhone XC」という名称が出てきたことから、これまで通りのネーミングルーチンが採用される可能性が高いのではないかと筆者は感じている。

しかし、これまで多数のリーク情報を出して言い当ててきたBloombergが「iPhone Xr」という名称を使っていることを考えたら、まだまだどうなるかは分からないところ。

また、気になるのは名称だけでなく、発売当初の出荷数が限定される可能性があるということ。Bloombergの伝えるところによると、液晶モデルはバックライトとLCD液晶の接続に生産上の問題があり、この影響を受けたようだ。人気次第となりそうだが、もし仮に注文が殺到した場合は品薄で入手できるようになるまで時間がかかる可能性もありそうだ。

ただ、昨年発売した「iPhone X」に関しても品薄が叫ばれていたが、実際蓋を開けてみると予約開始と同時に注文できれば発売日に入手することもできたなど、そこまで大規模な品薄は起こらなかった。案外、前回みたいに品薄にはならない可能性もあるのかも。

ちなみに、BloombergによるとAppleは年内に新型「Apple Watch」や「MacBook」「iPad Pro」「Mac mini」の発売を控えているという。また、純正のワイヤレス充電器「AirPower」も早ければ今月中に発売予定とのこと。

これらの新製品の一部は、今週12日(日本時間13日午前2時)に開催される新製品発表イベント「Gather round.」で披露される見通し。当日は当サイトで速報記事を掲出する予定なので、Appleの新製品が気になる方は、ぜひ当サイトの更新情報をチェックしていただければと思う。フォローは記事下からお願いします。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。