2019年のiPhone、外向きカメラに3Dセンサーが搭載されることはない?

今日、Appleは「iPhone Xs / Xs Max」「iPhone Xr」と呼ばれる3種類の新型iPhoneを発表する予定だが、今回は早くも2019年に発売予定のiPhoneの話。

Appleはすでに2019年のiPhoneの設計に着手しているようで、著名アナリストMing-Chi Kuo氏によると、2019年に発売予定のiPhoneの背面カメラには3D認識技術が搭載されることはないのだという。

2019年発売のiPhone、背面カメラに3D認識技術は搭載されず

iPhoneのカメラに3D認識技術が搭載されたのは、昨年発売した「iPhone X」が初めて。iPhone Xには「TrueDepthカメラ」と呼ばれるセンサー・カメラ群が搭載されており、これらによってユーザーの顔を認識できる「Face ID」を実現することができた。無数の光を照射することでユーザーの顔を認識できるドットプロジェクタも含まれている。

以前から、これらの部品(特にTOFセンサー)がiPhoneの背面カメラにも搭載されることが期待されていたが、的中率の高いKuo氏の分析から、それは少なくとも2019年には実現しないものとみられる。

Kuo氏がそう予想する理由は二つある。

まずは、現在のデュアルレンズカメラのマッピング機能は、 TOFセンサーを導入せずともすでに十分な精度を提供することができているということ。

また、仮にTOFセンサーを導入したとしても次世代のAR体験をAppleが構築することができていないことが挙げられる。つまり、新技術を導入したところで、それを活かす機会がないということになるため、導入しても無駄になる可能性があるということだ。

これらの理由から、Kuo氏は2019年にiPhoneの背面カメラに3D認識技術が導入されないとしており、おそらく導入は早くても2020年になるものと予想される。

また、ARといえばAppleはARメガネを開発していると報じられているが、ユーザーに次世代なAR体験をもたらすには同ARメガネの他に、Appleのマッピングデータベースの強化と5G接続等が必要になる、とKuo氏は伝えている。

[ via AppleInsider ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。