「iPhone SE」の販売が終了、4インチiPhoneが姿を消す  「iPhone 6s/6s Plus」も

手頃なサイズ感で人気だった、4インチ型iPhoneが本日その姿を消した。

9月13日、Appleは米クパチーノで新製品発表イベント「Gather round.」を開催し、新型iPhoneの「iPhone Xs / Xs Max」「iPhone Xr」を発表したが、これら新型iPhoneの発表と同時に「iPhone SE」 と「iPhone 6s」 「iPhone X」が販売終了となってしまったことがわかった。

Apple公式サイトに行っても、すでに購入することができなくなっている。

「iPhone SE」は4インチの小型な画面を搭載したiPhoneで、最近ではスマートフォンの画面大型化の流れもあり、一部のユーザーから絶大なる人気があった。中には新型モデルの登場を願うユーザーも多かった。

しかし、今回販売が終了してしまったことによって、4インチの画面を搭載したiPhoneがAppleのラインナップから消えてしまっただけでなく、Appleは4インチのスマートフォンを今後販売しない可能性が出てきた。

もちろん、今後新型モデルが登場する可能性は残されているが、それは現状では期待できなさそうだ。

ちなみに、今後もApple公式サイトで取り扱われるiPhoneは全部で7種類。本日発表された「iPhone Xs / Xs Max」、低価格モデルの「iPhone XR」。そして、旧型モデルとして「iPhone 8 / 8 Plus」と「iPhone 7 / 7 Plus」がラインナップに並んでいる。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。