新型「iPad Pro」は横向きでもFace IDが認証可能に? 「iOS 12.1 beta」 から気になる記述が発見

2018年後半、Appleはベゼルレスデザインを採用し、ホームボタンを廃止して新たに「Face ID」を搭載した新型「iPad Pro」を発表する予定だと噂されている。

この新型モデルに搭載される「Face ID」については、以前から横向き(ランドスケープモード)でも認証できるような仕様になっているとの予想が上がっていたが、どうやらそれを示唆する記述が開発者向けに公開された「iOS 12.1 beta」から見つかったという。

新型iPad Proでは横向きでもFace IDが認証可能に

これを報告しているのは、開発者のSteve Troughton-Smith氏。彼は「iOS 12.1 beta」のコードから「Face ID」を横向きでもサポートすることを示唆する記述を発見したという。

ただし、横向きでの認証にはFace IDに利用されるフロントセンサーの調整などが必要であるため、iPhoneでは利用できず、あくまでiPad Pro専用の機能になる可能性が高いとしている。

iPhoneはゲームや動画を見る以外は縦向きで使うユーザーが多いため、横向きで認証できなくてもそこまで問題ではないとは思うが、iPadに関しては縦・横どちらも使用頻度が高いため、iPhoneのように縦向きでしか認証できないのはかなり不便だ。

そういった意味では、横向きでもFace IDが利用できるようになることはユーザー的にはかなり重要なことなのではないだろうか。今後の情報にも注目だ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。