「iPhone XS/XS Max」、通信に関する問題が発生中

今月21日に発売したばかりの「iPhone XS/XS Max」に不具合が存在することが明らかに。MacRumorsのフォーラムによると、一部のユーザーからLTE通信とWi-Fiによる通信に「接続しづらい」もしくは「通信速度が遅い」といった問題が発生したことが報告されている。

フォーラムの投稿には、「iPhone X」を使っていた時はアンテナバーが3~4本表示されていたのが、「iPhone XS Max」に変えたところ、使用開始から1~2分で電波を掴むことができなくなり、その後にはモバイルデータ通信が利用できなくなったという。

ただし、この問題は米国の主要キャリアVerizonを利用するユーザーから報告が上がっていることから、「iPhone XS」シリーズの問題というよりはVerizon側の問題である可能性もありそうだ。

そして、Wi-Fiの接続に関しても問題が発生しているという。具体的には、2.4GHzと5GHz帯域に同じSSIDを使用しているルーターに接続した場合、5GHzよりも2.4GHzを優先して接続する傾向にあるという。状況によっては通信速度が低下する恐れもありそうだ。

これらの問題は現時点では明らかになっていない。今後のアップデートで修正される可能性があるため、「iPhone XS」シリーズを購入した方は今しばらく辛抱が必要かもしれない。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。