スマホ決済サービス「PayPay」が提供開始 アプリからバーコードやQRコードを使って決済可能

10月5日、ソフトバンクとヤフーの合弁会社であるPayPay(ペイペイ)は、スマホ決済サービス「PayPay」の提供開始を発表した。

スマホ向け決済サービス「PayPay」の提供が開始

「PayPay」は、バーコードやQRコードを使って実店舗で利用することができるスマートフォン向け決済サービス。支払い方法は、あらかじめ銀行口座からチャージした電子マネー(「PayPay」もしくは「Yahoo!マネー」)による支払いと、クレジットカードによる支払いの2種類を選択することができる。

「PayPay」を使うにあたって、ユーザーは「ユーザースキャン」と「ストアスキャン」の2種類の方式で決済をすることができる。このうち、「ユーザースキャン」は事業者側が提示したQRコードをユーザーがスマホで読み取る方式で、「ストアスキャン」はユーザーがスマホに表示したバーコードを事業者側がレジなどで読み取る方式になる。使い方は以下の画像の通りだ。

「PayPay」が利用できる店舗や利用可能時期は、こちらのページから確認することが可能。白木屋や魚民、笑笑などの居酒屋では近日中には利用できるようになり、10月中旬からは和民やメガネドラッグ、11月上旬からはジーンズメイトやメガネスーパーなど多数の店舗で利用できるようになる予定であるとのこと。

今回の「PayPay」提供開始に伴い、新規利用登録を行った全ユーザーには500円相当の「PayPay」電子マネーが進呈される。この特典は「PayPay」アプリをダウンロードして電話番号で認証を行い、新規利用登録を完了するだけでもらうことができる。また、近日中にはお得なキャンペーンも実施される予定だ。

加盟店向けには、本日から2021年9月末までの3年間、「ユーザースキャン」方式の決済手数料が無料に。さらに、今秋提供開始予定の「AliPay」による決済の手数料も2019年9月末までは無料になるという。

ちなみに、「PayPay」の提供開始に伴い、現在ヤフーが提供している「Yahoo!ウォレット」のスマホ決済サービスは提供終了となる。今後は「Yahoo!JAPAN」アプリからも「PayPay」が利用できるようになる予定であるとのこと。

「PayPay」アプリのダウンロードはこちら(iOS / Android)からどうぞ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。