「iOS 12」 の普及速度は「iOS 11」よりも早い 現在46%以上のユーザーがiOS 12を利用中

「iOS 12」は徐々にユーザーに浸透してきている模様。マーケティング会社Mixpanelが集計しているデータによると48.11%のユーザーが「iOS 12」を利用している。

この数字は10月6日現在のもの。MacRumorsによると、リリースから18日後の10月4日時点の段階で、「iOS 12」の普及率が前OSの「iOS 11」を追い抜いたという。「iOS 11」のリリース時は「iOS 10」の普及率を越えるまで23日要していたことから、「iOS 12」の普及ペースは「そこそこ順調」と言えるかもしれない。

「iOS 12」は、新機能の数だけで言えば従来のOSに見劣りする。しかしながら、OSのスピードアップと安定性に力を入れたこともあって、大問題となるような不具合報告も少ない。この安心感から、多くのユーザーに受け入れられたのかもしれない。

ちなみに、Appleの発表によると「iOS 12」を「iPhone 6s」に入れると、アプリの起動は最大40%、キーボードの表示は最大50%、ロック画面からカメラを起動する動作は最大70%早くなるという。

また、新機能はさほど多くはないかもしれないが、一切ないわけではない。例えばAR Kitが改良され、マルチユーザーで利用できるようになったり、新アプリ「計測」ではカメラを使って距離を計測することができるようになるなど、複数の新機能が追加されている。詳細については以下の記事を参考にしていただきたい。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。