やはり新型iPad ProにはUSB-Cポートが搭載か 中国アクセサリーメーカーの多くが変更を語る

Appleは10月30日に新製品発表イベントを開催することを正式にアナウンスしており、同イベントではベゼルが極狭化し、ホームボタンが廃止された新型iPad Proが発表されるものとみられている。

この新型iPad Proに関して、著名アナリストのMing-Chi Kuo氏充電端子がLightningからUSB-Cに変更になると伝えているが、やはりこれは正しい可能性が高い。

国内メディアMacお宝鑑定団Blog[羅針盤]が「Global Sources Mobile Electronics Trade Fair 2018」で複数の中国アクセサリーメーカーに取材したところ、多くが「新型iPad Proの充電端子はUSB-Cポートに変わっている」と話していたとのこと。

新型iPad ProにはUSB-Cポートが搭載、端末サイズは従来より小さく

また、あるメーカーからは新型iPad Proのサイズ情報が書かれた図を見せてもらうことができたという。上記がその図で、これは先日/Leaksが公開していた図であることから、やはりこのサイズ通りになるのかもしれない。

参考までに、先日の/Leaksの情報をお伝えした際に掲載したサイズ表を以下にも記載しておく。

2017年モデル (旧) 2018年モデル (新)
モデル 端末サイズ モデル 端末サイズ
12.9インチ 305.7 × 220.6mm 12.9インチ 280.66 × 215.00mm
10.5インチ 174.1 × 250.6mm 11インチ 247.64 × 178.52mm

新型iPad Proに関しては、すでに中国の認証部門MIITを通過したことが判明しているため、発表はほぼ確実であると思われる。また、新型「Apple Pencil」と思わしきBluetoothデバイスの製品番号も見つかっており、新型iPad Proと同時にApple Pencilも発表されることが予想されている。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。