Apple、米国でiPhone下取り額を期間限定で増額 最新iPhoneの販売不振はやはり本当か

11月28日、Appleは旧型iPhoneの下取り額を一時的に増額するキャンペーンを開始した。

この下取り増額キャンペーンは、Appleの旧製品下取り施策 「Apple GiveBack」 で実施されているもので、最新iPhoneを購入する場合に限り、これまでの下取り額に最大100ドルを上乗せするというもの。

例えば、iPhone 8であれば275ドルの下取り額だったが、さらに25ドルを加えた300ドルが下取り額になる。また、iPhone 6s以前の端末であれば100ドルが上乗せされるため、iPhone 6s Plusであれば250ドルで下取ってもらえることになる。下取りはiPhone X以前の端末まで利用可能だが、iPhone 5s以前の端末やiPhone 8 PlusやiPhone Xに関しては下取り増額対象になっていないため、その点には注意が必要だ。

下取り端末 元の下取り額 増額分 下取り額合計
iPhone 6 75ドル 75ドル 150ドル
iPhone 6 Plus 100ドル 100ドル 200ドル
iPhone 6s 100ドル 100ドル 200ドル
iPhone 6s Plus 150ドル 100ドル 250ドル
iPhone 7 175ドル 75ドル 250ドル
iPhone 7 Plus 250ドル 50ドル 300ドル
iPhone 8 275ドル 25ドル 300ドル

Apple GiveBack
使い終わったデバイスを下取りに出すことで、下取り額と同額のApple Storeギフトカードを受け取ることができるサービス。同サービスはApple公式サイトもしくはApple Storeから申し込むことが可能で、ケータイ(ガラケー)や他社製スマートフォンのほか、iPhoneやiPad、Mac、Apple Watchを下取りに出すことができる。

前述した通り、このキャンペーンは最新のiPhoneであるiPhone XS/XS Max、iPhone XRを購入する場合にのみ利用可能。

同キャンペーンは 「期間限定」 とアナウンスされているが、実際のキャンペーン期間は提示されていないため、いつまで実施されるかは不明。もし米国でお住いの方で最新iPhoneに乗り換えを考えている方がいたら、ぜひお早めに同キャンペーンを利用していただきたい。

ちなみに、「Apple GiveBack」 自体は日本でも提供が開始されているが、今回の下取り増額キャンペーンは日本では実施されていない。

最新iPhoneの販売が不振であるとの報道が世を賑わせているが、先日の日本でのiPhone XR値下げや今回のキャンペーンが実施されていることを考えると、最新iPhoneの販売が不調であることはどうやら間違いではなさそうだ。

Appleの株価はiPhone販売不振の報道などもあり、10月3日の232ドルをピークに、今は174ドル付近まで下落。時価総額は約8268億ドルと、最大時期から2割ほど減っている状態となっている。

[ via MacRumors ]

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。