iPhone、2020年に5G(第5世代移動通信システム)に対応か

国内外の大手通信キャリアが準備を進めている次世代移動通信システム、通称 「5G」 。同規格のサポートは2019年から開始される予定だが、対応するiPhoneが登場するのは1年後の2020年になりそうだ。

米メディアのBloombergは、Appleは2020年に発売するiPhoneから5Gのサポートを開始すると報じている。

iPhoneの5G対応は2020年に?

Bloombergが有力な情報源から入手した情報によると、iPhoneの5G対応は2020年になる予定。5Gへの対応時期については、以前にもFast Companyが2020年になるとの情報を伝えていた。

Appleは3Gから4Gへの移り変わりの際にも、対応するiPhoneの登場を1年遅らせていた。これについては、4Gサービス開始直後に急ぎ働きで対応スマートフォンを発売したところで、電波のカバレッジの問題などが発生するとAppleは予想していたからだ。

今回の5Gへの対応も同じように1年見送ることで安定した製品・環境をユーザーに提供することをAppleは念頭においているのかもしれない。

ただし、5Gは4Gよりも飛躍的に通信速度が向上するため、5Gへの対応は大きなセールスポイントになる可能性がある。Appleはユーザーを逃すリスクもあると分析する専門家もいるようだ。

また、Appleが5Gへの対応を遅らせるのは、iPhoneに搭載する5G対応モデムチップの生産が2019年に間に合わないことも一因だ。

5Gに対応したモデムチップは米Qualcommが生産する予定だったが、昨年1月頃に不当なライセンス料を請求されるなど、両社の関係性が悪化していることもあり、AppleはIntelのモデムチップを採用する計画。ただし、Intelのモデムチップは開発・製造上の問題から生産が間に合わない公算となっている。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。