「MacBook Air(2018)」 に不具合? FaceTimeカメラがボヤける問題が報告される

薄型化と小型化を果たし、キーボードも最新式に置き換えられるなど、大幅な刷新となった新型MBAこと、「MacBook Air (2018)」。

発売後多くのユーザーからまずまずの評価を得ることができている一方で、一部のユーザーから不具合の報告が上がっていることが明らかになった。

MacBook AirのFaceTimeカメラに不具合?

9to5Macによると、MacBook Air (2018)購入者から、FaceTimeカメラの画質が悪いという報告が上がっているとのこと。

例えばTwitterユーザーのTomasz Doniec氏の報告では、FaceTimeカメラで撮影した画像(右)と他デバイスで撮影した画像とでは、画質が大きく異なるのがお分かりいただけると思う。

他ユーザーの報告では、MacBook Air 2018を購入した時点でこのような画質だったという声もある。果たして、これはハードウェア的な問題なのだろうか、それともソフトウェアの問題なのだろうか。

筆者の持つデバイスで比較してみた。まずはMacBook Proと12インチMacBookについて。

MacBook Air (2018)に搭載されているMacBook Airは720pのFaceTimeカメラが搭載されている。対する昨年発売した12インチのMacBook (2017)には420pのFaceTimeカメラが搭載されているが、これら二つのデバイスでFaceTime通話をしてみたところ、どちらもやや同じ画質であることがわかった。

また、試しにMacBook Air 2018と同じ720pのFaceTimeカメラを搭載したMacBook Proとも比較してみたが、こちらはMacBook Proの方が綺麗な画質で通話できることがわかった。


このことから、Appleの技術仕様に間違いがなければMacBook Air 2018のFaceTimeカメラには何らかの問題がある可能性があることになる。

ソフトウェア側の不具合である可能性が高そうだが、カメラセンサーに異常がある可能性もあり、もし異常があるようであれば交換対応が必要になる可能性が出てくるだろう。Appleは同問題に対してコメントはしていないが、近いうちに何らかの改善策が示されるかもしれない。

「MacBook Air 2018」 所有者やMacBook Airを購入しようと考えている方の中でFaceTime通話を頻繁に使う場合は、Appleの今後の対応を見た方が良さそうだ。筆者もMacBook Airを日常的に使っているため、この問題はしっかり注目していきたい。

▶︎ Apple公式サイトで各種「iMac」製品をチェック
 ・27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac
 ・iMac Pro
▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
 ・MacBook
▶︎ Apple公式サイトで「Mac Pro / Mac mini」をチェック
 ・Mac Pro
 ・Mac mini
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「Mac」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。