Apple、雑誌・ニュース読み放題サービスを2019年春に提供予定

Appleは雑誌やニュースが読み放題になるサブスクリプションサービスをまもなく開始すると報じられているが、そのローンチは2019年春となりそうだ。

Appleの計画している定額制読み放題サービスは、Appleのニュースサービス 「Apple News」 に統合される形で提供されると報じられていたが、Bloombergによるとそれはどうやら事実のように感じる。このサービスは今年3月にAppleが買収した定額制の雑誌読み放題サービスTextureをベースとして開発されており、実質的に”リローンチ”となる可能性が指摘されている。

新サービスはiPhoneやiPadを持つユーザーであれば、プリインストールされているアプリから利用することができるとみられている。月額費用はまだ明らかになっていないものの、Textureの元のサービス料金が月額9.99ドルであったことから、同額あるいは似た金額になることが予想される。

Textureでは200を超える雑誌が読み放題だったが、Appleの定額制雑誌・ニュース読み放題サービスでは、配信媒体数が増えているのか減っているのかは明らかになっていない。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。