次期iPhoneは 「Wi-Fi 6 (802.11ax)」 に対応する?

次期iPhoneは次世代通信規格 「Wi-Fi 6 (802.11ax)」 に対応すると、英BarclaysのアナリストBlaine Curtis氏が伝えている。

次期iPhoneは次世代通信規格 「Wi-Fi 6」 に対応

Wi-Fi 6は前規格802.11acから通信速度スループットが改善され、データ転送速度が30%向上、レイテンシは1/4となり、実質4倍以上のスピードで通信することができるとされる。また、バッテリー消費も抑えられる。この規格が早くも次世代iPhoneに搭載されるというのだ。

通信周りの話で言えば、2019年のiPhoneは5G通信に対応しないと言われている。これはiPhoneに搭載する予定の5G対応モデムチップの生産が2019年まで間に合わないことが主な原因。また、サービス開始当初は電波のカバレッジの問題もあり、5G通信への対応は1年遅らせる予定と報じられている。

しかし、次世代Wi-Fi通信への対応については話が別のようだ。Appleは、Wi-Fi通信規格を策定する業界団体 「Wi-Fi Alliance」 のメンバーで、それこそ 「Wi-Fi 6(802.11ax)」 の策定についても自ら積極的に関わってきたことから、次世代端末に積極的に搭載することを考えているのかもしれない。

ちなみに、「Wi-Fi 6(802.11ax)」 に対応したルーターはまだまだ数少ないが、米ラスベガスで開催されたCES 2019では多数のWi-Fi 6対応機器が発表されていたため、2019年はWi-Fi 6の普及が進む年となりそうだ。

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。